NUM

ゴミ箱

防弾少年団(BTS)は、なぜ狂おしいほどに切ないのか?

ロマン的な”少年性”という概念に狂おしいほどの切なさを感じる方にとって、このアイドルグループは凶器です。

 

漫画で言うなら、少年漫画における高校部活モノ。「スラムダンク」が象徴的。

「オヤジの栄光時代はいつだよ… 全日本の時か?

 オレは………オレは今なんだよ!」(『スラムダンク』 第31巻)

もしくは「トーマの心臓」「風と木の詩」「BANANA FISH」「MAMA」とか、ちょっと耽美な世界観の少女漫画。

小説で言うなら「草の花」「燃ゆる頬」「ドリアン・グレイの肖像」「罪と罰」「車輪の下」「寄宿生テルレスの混乱」とか、長野まゆみ(特に初期作品)「ぼくはこうして大人になる」「鳩の」とか。

少年から青年に移りゆく一瞬間、生命が鮮烈に燃え上がるような輝きの中で、彼らの感情が激しく揺れ動く様子を表現した作品・・・私は昔から、こういうタイプの作品にすごく弱いです。

 

防弾少年団(BTS)は、2018年5月現在、20~25歳のメンバーで構成されています(デビュー時の年齢は15~20歳)。

彼らのグループ名には「10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く」という意味が込められているのですが、そのコンセプト通り、初期の彼らの曲は基本的に等身大です。スクールライフがテーマの初期のMVを見るとわかりやすく、のびのびと”俺ら怖いもん無しだぜ”ってイキッててほほえましい。10代の反抗心を全面に押しだしたらしいイカツい格好がまた、テンプレすぎて可愛らしい。

youtu.be

youtu.be

しかし、上記のようなコンセプトの学校三部作に続く、青春三部作「花様年華(화양연화)シリーズ」から風向きが変わってくる・・・。

「青春をもっともよく表す言葉として『人生で最も美しい瞬間』を意味する『花様年華』という言葉が選ばれた。このアルバムは少年が学校を卒業し、青年へと成長する過程の苦悩や葛藤を描き、青春の美しさとその本質に潜む危うさに焦点をあてた(wikipediaより)」。

ここらへんから、形而下の存在である”ありのままの高校生”コンセプトを離れ、より”Idol(偶像)”らしい形而上の概念を纏い始めました。

青春の刹那性は、全く不可逆で代替不可能であるがゆえに、汎用的な価値基準を物差しに評価されることから逃れます。何者にも否定できない、絶対的な聖域から下賜される最高に優しいメロディはここに完成した!!!!!!!!!!!!!!

youtu.be

Euphoriaの歌詞、すごいですよね・・・。(以下、

https://ameblo.jp/merody-0126-2/theme-10073569697.htmlより引用

させていただきました)

Euphoria
Take my hands now
You are the cause of my euphoria
Close the door now
When I'm with you I'm in utopia
Won't you please stay in dreams


저기 멀리서 바다가 들려(遥か彼方で海が聞こえる)
꿈을 건너서 수풀 너머로(夢を渡った森の向こう)
선명 해지는 그곳으로 가(鮮明になる その場所へ向かおう)

모래 바닥이 갈라진 대도(砂の地面が割れたとしても)
그 누가 이 세곌 흔들어도(誰かがこの世界を揺さぶったとしても)
잡은 손 절대 놓지 말아줘(握った手は決して離さないでくれ)
제발 꿈에서 깨어나지 마(どうかこの夢から覚まさないでくれ)
너는 내 삶에 다시 뜬 햇빛(君は僕の人生に再び昇った日の光)
어린 시절 내 꿈들의 재림(幼き頃の夢の再臨)

혹시 여기도 꿈속 인건지(もしかしたらここも夢の中なんだろうか)
꿈은 사막의 푸른 신기루(夢は砂漠の青い蜃気楼)
내 안 깊은 곳의 a priori(僕の中 奥深くの a priori)

숨이 막힐 듯이 행복해져(息が詰まるほどの幸せを感じる)

주변이 점점 더 투명해져(辺りがだんだんと透明になっていく)
저기 멀리서 바다가 들려(遥か彼方で海が聞こえる)
꿈을 건너서 수풀 너머로(夢を渡った森の向こう)
선명 해지는 그곳으로 가(鮮明になる その場所へ向かおう)
 

初めて聴いたとき、ぽろっと涙がこぼれました。

特に英語の歌詞の部分、本当に胸が締め付けられます。

心の底から大好きな人とずっと一緒で、一緒に眠ったり、一緒にご飯食べたり、笑い合ったり・・・そういう心地よさから「生身」の部分を抜き取って昇華したような美しさ。だって、「幼き頃の夢の再臨」ですよ?母胎回帰願望をオブラートに包んだ世界観って鉄板ですよね・・・。理想化された恋愛は、もはやただの胎内回帰願望なのかもしれない・・・。

見事なまでに、優しさと抒情的な美しさ以外の不要な概念が削ぎ落とされた世界。年月の垢にまみれる前の、純粋で透明な少年性。 

メンバー7人で子犬のようにじゃれあうMVを見てると、彼らの「アイドル」として生きている世界には彼ら(主人公)とARMY(母親)しかいなくて、いずれ産まれなくてはならない(=大人にならなくてはならない)切なさが剥き出し。ずっと私の胎内に抱いてたい・・・。

 

青春のその一瞬がどのようなストーリーに彩られようとも、それが唯一無二である限りにおいて圧倒的に肯定されます。

メンバーも全員成人して、2017年7月に「現実に安住することなく、夢に向かって絶えず成長していく青春(Beyond The Scene)」というコンセプトが付け加えられたんですけど、なんか最近、初期より全然儚げで硝子の少年って感じになってきてるんですよね・・・。初期の彼らは、現実で現実と戦い乗り越えて行くリアリスト・実存主義者的な描写をされているんですけど、だんだんとロマンチスト・本質主義的な様相を呈してきているんですよね。そもそも「青春」自体、現実と理想が激しくぶつかり合う戦いの場なわけですから、その両方やってくれてるんだなあと思います。

 

「青春=花盛り」を、まず「花はいつか散る」という陰のイメージで覆い尽くしたあと、その中の輝かしい陽のイメージを覗き込むような鑑賞の仕方をしてるから、輝けば輝くほど悲しく切なくなっちゃうんですよね。

あらかじめ死が用意された人生のように、あらかじめ終焉が用意された青春。(もしくは、将来結婚をすることもあるだろう彼らの、”誰のものでもない今”!!!!)

 

探り当ててキモチイイ「真理」って、大体「科学」「宗教」「芸術」に基づいてると思うんですけど、ハイデッガーが「芸術は真理を作品のうちへと打ち立てることである」と言ってます。(この『真理』は、本来『存在者』についての真理なのですがここでは放っておきます・・・)

防弾少年団は、私にとっての「青春」という真理を内包する素晴らしいグループです。発見できてキモチイイ。出会えてよかった。

 

 

それにしても、儚いものはなぜ切ないんだろう?いや、切ないものは儚いって決まってるんです。人間はそう感じる仕組みになってるんです。ってトートロジーだけど、一応それで納得することもできます。けど映画観たり小説読んだり音楽聴いたりして、新しい作品に出合うたびに新しい「切なさ」に襲われて、そのたびに、この感情はまだ言語化されてない!って思うんですよね。だって、毎回違う媒体による刺激なんだから(生理学的な脳への刺激ではなく感性への刺激ということにしてください)「切なさ」も絶対違うものじゃないですか。だから毎回、その胸の苦しさをなんとか言葉で説明しようとするんですけど、毎回スッキリしないまま終わります。そもそも「切なさ」って言葉が便利すぎますよね?その言葉の中に、もっと幾つもの言語化することができる感情が含まれてるに違いありません。多分死ぬまで、ずっとこの「切なさ」からは逃れられないんだと思います。幸せな呪いですね。