NUM

ゴミ箱

文語/口語の距離感

現実から一定の距離を隔てて存在してくれる小説が好きだ。
新しい作家を開拓しているとたまに、あまりにも口語的すぎる文体の作家に出会う。これが読んでいて非常に興醒めする。 現実に対する馴れ馴れしいほどの接近。

文語は会話で使うには耳慣れず違和感があるから、意識せずとも自然に避ける。それが自然と現実と虚構の距離を作り出す。

文語と口語、対応するそれらはたとえ同じ概念を表現していても、字面から受ける表象的イメージや音の響きから受けるニュアンスの違いがある。『"実際に"人が人と出くわすこと』と『"物語において"人が人に逢着すること』の現象としての違いを表現している。それは時代によって流動性はあるが基本的にきっちりと、概念的同一性を保持しながら現象的相違性を示してくれる。

つまり、文語的な文章が好きだ。