gomibako

思想・感情・オタク

少年

映画をよく観るようになったのはここ数年です。初心者なので、とりあえず有名な作品を片っ端から観ている。濫読ならぬ濫観(?)という感じ。

映画を観るとき俳優に全く興味を持たないタイプなんですけど、まぁやっぱりエドワード・ファーロングブラッド・レンフロには興味を刺激されました(最近初めて「ターミネーター2」と「マイフレンド・フォーエバー」「依頼人」を観た)。これ好きなやつでしょ・・・と自分でも大体予想はついてたんですけど、やっぱり好きでした。

この3作において2人が演じるキャラクターに共通してるのが、ガサツでワルっぽいけどしっかり者のいいヤツってとこ。これが本当に良かった。整いすぎて少年なんだか少女なんだかわかんない中性的な顔面のくせに、中身は生意気なクソガキってところが最高だ・・・。

かつて古代ギリシアにおいては男性性と女性性を併せ持つことが至上とされ、敢えてどちらにも見えるような姿で彫刻が彫られたという話を聞いたことがありますけど、やっぱり両性を併せ持つというのはひとつの美の完全究極形なんですね~。両性を併せ持つからこそ、どちらの性も感じないっていうのもあるのかも。アンドロギュノスの神話も不気味ながらとってもロマンティックだし、この世ならぬ静かな魅力を感じます。

それにしても、成長した姿を検索してガッカリしつつ、いやこれでいい・・・これだからいい・・・という気持ちになりますね・・・。成長途中の一瞬の神秘が映像として後世に残ることに感謝です。永遠じゃないから美しい、刹那的であればあるほど価値がある、っていう考え方はあんま好きじゃないんですけど。なんか負け惜しみって感じがするし。あと若さへの隷従、処女性の崇拝というのとも繋がってる感じします。しかし悔しいけれど「限定」っていうのに弱いのはもうどうしようもないんです(コスメとか・・・)。

映画でのいわゆる”少年性”というテーマに関しては、「ベニスに死す」のビョルン・アンドレセンや「御法度」の松田龍平などに表現された”死・性・陰鬱・妖艶・狂気”といったイメージが強いです(少女性も「ロリータ」「小さな悪の華」「ヴィオレッタ」とかのそういう暗いイメージが多いかも)。でもそれよりも、「マイフレンド・フォーエバー」や「スタンド・バイ・ミー」みたいな、一般的に友情物語として括られる作品の方が好きだなぁ。最後に残る切なくて苦い感情は、感覚的には「友情物語」っていうだけではもの足りないですけど。前者が陰の少年性なら、後者は陽の少年性。エロスとタナトスに絡めとられる少年たちよりも、フィリアで繋がれた少年たちの感情がきらめく物語が好きだな、と改めて思いました。死を扱ってなお爽やかさが勝る作品っていいですよね・・・。おすすめの作品があったら是非教えてほしいです。

正月休み

9連休。さすがに時間を持て余して、ジョジョ5部を観るためにNetflixに登録した。ついでに攻殻機動隊TVシリーズも観返している。何度見てもボロ泣きしてしまう「さよなら、バトーさん」。

アニメはまとめて観る派だけど、ジョジョは毎回我慢できなくていつも放映期間中に追いついてしまう。一昨年の正月休みには4部を一気に観た(もちろんスゲーッ爽やかな気分になった、新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のように)。

ジョジョはどの部を観ても、プラスの感情だけを活性化してくれる。もちろん原作の漫画を読んだときもそうだけど、アニメはもっとスゴい。目から耳からグワッとエネルギーが流れ込み、全身に栄養がいきわたるような、根拠のない希望が自分の中できらめきはじめるような、そういうサワヤカな気持ちになる。ジョジョを観ているときの私は、いつもの意地悪でひねくれて暗くていじけた私じゃないと感じる。やっぱり少年漫画はすごい。

でも4部から一転して、5部は今からつらいな・・・考えるだけでもツラい。なのでなるべく考えない、特にナランチャのことは・・・。

5部で一番好きなのはミスタなんだけど、声優が発表されたとき、ちょっとえぇ~?と思った(もっとガサツでワキガっぽい(?)声のイメージだった)。けど観てたらなんだかんだ馴染んできました。うーんでもやっぱ赤羽根健治さんの方が好きかなぁ・・・

そういえば、9月にジョジョ展に行った。

あんなに出かけるのが嫌いなのに、なぜ行こうと思ったのかわからない。三連休の最終日に行ったのでもちろん超混んでたし、グッズも売り切ればっかりだったし、そもそも電車に乗るの嫌いだし、暑いし・・・。でも、こういう風に何かに欲望を向けることができて幸せだと思った。なぜならここ数年、欲望を抱くことを抑圧する癖が高じて、そもそも初めから何かを欲そうとしなくなってきているから。常に受け身で、楽しくなくていいからとにかく少しでも苦痛を減らすことしか考えていない。こんなんで生きてて楽しいのか・・・?いや全く楽しくはないが、まぁこんなもんだろう、と思って生きていく私に、ジョルノはゴールドエクスペリエンスで生命を吹き込んでくれるのである・・・。

29歳11ヶ月30日で死ぬ

今年ももうすぐ終わるけど、今年何したかな・・・。親知らず抜いたことしか覚えてない。

去年あけたボディピアスが安定してきて、時が経つのを実感する。

特に人とも会わず遊びにも行かず、ひたすら寝てひたすら映画を観た一年だった。

とにかく起きているのがだるい。1日に12時間眠る。休みの日に遊びに出かけるのが困難になった。何度ドタキャンしたかわからない。本当にごめんなさい。

人と会うのは億劫なのに、人と会わなくては、という焦燥感につねに苛まれている。誰だって、自己を保つには他者の視線と意識に依存する。そろそろ人のカタチでなくなるかもしれない。

身体の内側から外側からパリパリに乾燥してゆく感じだ。働かなくちゃ人権はないけど、働いたって同じようなもんだと思った。これは自意識の問題なので、筋トレをするしかないと最近思い始めた。筋トレしてる人独特の意識ののめり込み、謎の自信、あれを身に付けるしかない、心を無にするんだ・・・。

20代に終わりがあるなんて思っていなかった。

30代だって終わるし、40代だって終わるなんて信じられない。

若さという無条件の価値を失うのが怖い。私はまだ何者にもなれていないからだ。

何者かになるのは、結構難しい。それは私にとって、やりがいのある仕事に就くことでも、結婚することでも、趣味を極めることでもない。だから、より難しい。

自分を価値ある人間と思うにはそれが手っ取り早いのに、そもそもそういう欲望を抱くことができなかった人間はどうすればいいのだろう。

「言語化」の難しさ

哲学の面白いとこは、誰しも一度は考えたことがあるようなシンプルな疑問を徹底的につき詰めて考えるとこなんですよね。だから色々読んでると、あっこれ私も昔考えたなぁ〜ってことがちょいちょいある。えらい哲学者たちも普通な私たちも、基本的なアイディアは人類みんな一緒なんだなぁと感動します。

 

与えられた感覚・感情等を言語化することの難しさについては、古今東西のすごい哲学者たちもうんうん頭ひねって色々考えてるんですけど、それって私達が本読んだり音楽聴いたりしてア〜エモいよ〜〜言語化したいよ〜〜ってのたうち回るのと同じと言っても過言ではないんですよね(過言)だってこれとか、言語化したいオタクが思うことそのものじゃないですか?

 

(表現が)厳密さを欠くのは、通常、一つの事物を広すぎる類の中にふくませるからであり、しかも、事物や類といったものが、既成の言葉に応じているからである。けれども、まず既成概念をはなれ、事象的なものの直接的な視覚をもったうえで、その事象の分節を念頭において細分するとすれば、表現のために作るべき新しい概念は、今度こそ、その対象の寸法にぴたりと合わせて仕立てられるわけである。(ベルクソン「哲学の方法」)

 

ベルクソン全然詳しくないんであれですけど、事象にぴたりと合わせて新しい概念を仕立てるっていうのは、端的には新しい表現を生むってことだと思いますけど、これがメチャクチャ難しいんですよね・・・。そういう意味だと詩人はそのスペシャリストですよね。私も詩を読むの好きなんですけど詩人はホントすごい。どっからそういう発想が出てくるんだっていうような、予想外の、文脈から外れるギリギリの言葉の組み合わせでも、何故かしっくりくる新しく豊かな世界を構築する能力・・・。これについては、ロシア・フォルマリズムという運動が詳しく掘り下げてます。

 

1910年代半ばから1920年代のロシア(ソ連)の文学批評の一派を指す。(…)作品の文学性を言語の詩的機能や、事物の再認識である異化作用という面から特徴づけ、芸術における手法を重視し、素材を手法の動機付けとして見た。(百科事典マイペディア『ロシア・フォルマリズム』)

 

あとLINEスタンプってこの「対象の寸法にぴたりと合った表現をしたい」っていう欲望に忠実に対応してますよね。例えば「了解」って伝えるにも、今のこの「了解」って気持ちにピッタリ当てはまる「了解」を表して伝えたいから、色んな「了解」の中でハム太郎の「了解」を使ったりゴルゴ13の「了解」を使ったりするわけで。LINE使い始めた頃は「こんなん誰が買うん?」と思ってたけど、200円ちょい払えば使いたい表現使えるんだからそら買いますわ・・・。しかし最初に「これは売れる!!」て思ってLINEスタンプ開発始めた人は本当にすごいと思う。

 

あとこれは、えらい哲学者が「こ、この感覚・・・これはどうやって記述すればいいんだ・・・!?」と悩んでいる様子です。専門用語みたいなのは、適当に字面から想像する感じで読み流してください・・・。

 

現象学的記述において、原的所与に対して漠然として流動的な記述を施すのは)単一の意義をそなえた用語のみでは、ほかの多くの直観的所与への適応力を欠いてしまうからだ、と彼はいう。つまり、素朴な直観からそのままとりだされた本質を記述するような認識次元では、こうした表現こそがただひとつ正当なものであり、それがやがて類的本質のさよざまな読みとりや、意識分析の進歩にともなって、しだいに細かく区別されてゆくのである。(p.21)

 

20世紀言語学入門 (講談社現代新書)

20世紀言語学入門 (講談社現代新書)

 

 

この「彼」というのはフッサールのことです。フッサール現象学という分野を確立したのですが、彼の場合はその学を通してだんだんピッタリの表現が出来るようになると考えてたみたいですね。

 

また、フッサールが「一般の言語使用にみられる多義性には、たえず慎重な注意が必要であるとともに、以前のかかわりで決められた事柄が新しいかかわりのなかでも本当に同じ意味で適用されているかどうか、たびかさなる再吟味も必要だ」と注意をうながしながら、どこまでも記述に日常言語を使用するよう説いているのだとすれば、これはやはり、ベルクソンと同様、「既成の言語」を疑い「対象の寸法に合った概念」をもとめ続けてゆく、無限にくり返される彼の基本姿勢の表明でしかないのである。(p.21)

 

「既成の言語」「常識の言語」に満足せず、もっとピッタリの表現があるはずだ!それを求め続けるぞ!!という意思・・・うーん、言語化に苦しむ我々オタクと一緒ですね(過言)

ちなみにこの本は、言語学史の方法論的解説がほとんどなので、引用が気になった方は直接ベルクソンフッサールを当たった方がいいです。

 

 

 ~~~~~まとめ~~~~~

人類滅亡の快楽

遅まきながら「シン・ゴジラ」を観て(アマプラで配信開始した)、エヴァ好きとしては庵野さんさすが〜と思いながらこれを思い出した。 

 

 

エヴァもシンゴジも同じく「人類が危機に晒される快楽」を強く感じたな〜。庵野さんの趣味か?エヴァだと人類は補完されて意識の個別性と肉体を失うし、シンゴジだと「大量の人型ゴジラが世界に拡散される」可能性を示唆して終わる。ラストで不穏な余韻を残す映画、メチャクチャ好み・・・。

それと比べると、ハリウッド映画でよくある「地球は俺が救うぜ!」的なやつ(「アルマゲドン」とか「12モンキーズ」みたいな)は「(全体的・抽象的な)人類滅亡しそう」が強力な後景になってて、実存的人間の個人的・具体的な生を効果的に前景化する強制的ハッピーエンドシステムになっている。多少(わりと多い)の人死にはハッピーエンドに陰を落とさない辺り、ハリウッドはこまけぇこたぁ気にしないですね(日本映画だとそうはいかない気がする)。それはそれで良いんですけど、やっぱり私は最後の最後に不穏なワンシーンを持ってきて「もしかしたら・・・」と思わせてくれるような映画が好きです。まぁでも一番好きな人類滅亡映画は「博士の異常な愛情」なんですけどね。アルマゲドンでハウンドが「観た?」って言ってましたね。映画って完全に神の視点なので、ハッピーもアンハッピーも似たようなもんだよな・・・と思います。

「人類滅亡」というディストピアはひとつの理想なんだな、と改めて考えると不思議ですよね・・・まぁでもほんとに滅亡したら私だっていないわけだし、そんなに恐ろしいことではない。一番恐ろしいのは「ゼロ・グラビティ」とか「月に捕らわれた男」みたいなやつですよ・・・マジで・・・宇宙は・・・怖い・・・・・・

 

ベンヤミンは興味あるし読みたいんですけど、文章が難解でなかなかとっつきにくい。なのでこういうbotでエッセンスだけ楽しめるのはありがたいですね。「芸術の政治化」って何だ?気になる。

ファシズムの歴史の「何故そうなったか?」という過程にはとても興味があって、それに社会学・心理学的な説明を施す本は読むんですけど(フロム「自由からの逃走」とか)、どうしても具体的な惨状は知りたくないという気持ちがあって・・・。戦争映画が大嫌いなので・・・。戦争映画は神の視点じゃなくて、人間としての現実的な視点なのでキツい。そういう理由で観られてない映画いっぱいある。観る覚悟ができる日は来るのか・・・。

無限に広がる大宇宙

www.nicovideo.jp

 

こういう専門外の人でも楽しめる哲学コンテンツは最高~

私は「ある一分野を深く掘り下げたい」っていうより「面白いものを広く浅く知りたい」タイプなので、たぶん一生何かしらの入門書読んでると思う。だからこういうライトなコンテンツ大好きなんですよね~。あと情報ってほとんど本からだから普通に目が疲れるじゃん・・・耳からの情報はボーッとしてても入ってくるから良い。週一くらいでこういうラジオあったらいいのにな~。

ちなみにこの動画の中の人・ゆーきさんは、溢れ出るオタク感とメッチャ早口のキモオタ喋りで非常に親近感が湧きます。

 

私は高校のとき倫理の授業がなかったんですけど(さらに言えば音楽も美術も無かった、受験科目以外の授業は無かった・・・)興味はあったので、資料集はどっかから貰って持ってたんですね。それを発見したので読み返してみたら、これが超~~~有能でビックリしました。大人が読んでも面白い。当然っちゃ当然なんですけどまさに哲学入門って感じで、思想史の超重要~普通くらいの範囲はこれ一冊でカバーできる・・・。高校倫理すごい・・・。これ高校生のとき教わりたかったな~!!

 

詳解倫理資料

詳解倫理資料

 

 

高校生のときにこれ一冊完璧にしていたら、その後の人生での色んな思想分野の開拓がスムーズだろうなと思います。ワケわからん思想に出合っても耐性あるだろうし・・・。ちなみに私が出合ったワケわからん思想ナンバーワンは、ハルトマンという人の「人間は苦しむために存在している・・・消滅した方がいい・・・しかし仮に全人類が自殺したって宇宙はまた人間を生み出すだろう・・・宇宙そのものを永遠に消滅させる方法を考えるしかない!!」ってやつです。超デカダンス・・・。

ちなみに宇宙論とか量子論とか、最先端科学と哲学思想が重なり合う部分は結構あって、今や科学と哲学はすごく密接に関わり合ってるらしい。ポーキングホーンという宇宙物理学者が「宇宙で人類が誕生する可能性は超低いのに人類が誕生したのは、神の力が働いて宇宙を微調整したから」的なこと言ったりとか。神って概念はもはや神学とか哲学とかの専売特許じゃないんですね〜。つきつめると神の存在を認めざるを得ないような事象に出合うことが多々あるみたいです。ヒエ〜〜〜マジでロマンしかねえ・・・。理系科目ことごとく苦手だからこういう分野の理解が及ばないの悔しいな〜。でも宇宙ってワードが哲学にブッ込まれた途端メチャクチャ胡散臭くなるのウケる。

 

中国脳 - Wikipedia

 

インテリジェント・デザイン - Wikipedia

 

karapaia.com

 

あ~こういうのすごいワクワクしますね~~!!心が中学生になる〜〜〜!!!!

私がダンスの上手いアイドルを好きな理由


[CHOREOGRAPHY] BTS (방탄소년단) 'FAKE LOVE' Dance Practice

 


Moonlight night~月夜の晩だよ~

 


前略、道の上より 一世風靡セピア

 

一世風靡セピアはアイドルです!!!!!!

アイドルを見ていて、私はダンスが上手い人とか運動神経がいい人がメチャクチャ好きだな・・・って思ったんですよね。バク転とかされるとキャ~~~♡♡♡てなる。なんでかなって考えたら、自分の身体を完全に自己統制下におけるのって、改めて考えるとメチャクチャすごいことなんですよね・・・。

 

 「暗黙知」っていうのがあります。これは「暗黙のうちに知ること」(そのまんま)なんですけど、例えば泳ぐ・自転車に乗るとか、いわゆる「体で覚える」っていう類いのものですね。意識化されない身体的な知識のことです。これってホント身体が賢いですよね。この「暗黙知」のカバーする範囲が広ければ広いほど、身体能力のポテンシャルが高い・センスがあるってことなんだと思います。「身体が頭いい」っていう表現がピッタリくる。最初から運動得意な人と、努力しても運動苦手な人の差はこれだと思うんですよね。私はこれがほんとダメで・・・。体育大嫌いでした。陸上競技も球技も体操も何もかも苦手でした。身体的ポテンシャルの低さハンパじゃないです。だから自分が持ってないものを持ってる人に魅かれるっていうのもありますね。

私は運動音痴だし、病弱だし、メンタルもクソ弱だしで、自分自身の身体に振り回されてばかりで、自分の手綱を自分で握ってるという感じが全くしないんです。けど、それらをコントロール下におけてる人って、自らの王なんですよね。そういう、言ってみれば「個人における肉体的・精神的な独裁的統治が達成されている人」が周囲の人を惹きつけるのは、当たり前のことだなぁという気がします。やっぱり人間誰しも、より優れた者に支配されたい・ひれ伏したいという欲望があるじゃないですか・・・。

これは韓国のアイドルにおいて顕著ですけど、男女問わずスタイル・美肌・小顔とか、作り込まれた不自然なほどの完璧さが求められてますよね。カル群舞もその一つだと思います。そういう圧倒的なものと自分との彼我の差を感じていたいという、ファンのマゾヒスティックな欲望をぶつけられるアイドルは大変だな~と思います。けどそういう支配者の快感って一体どんな感じなんでしょうね?一度体験してみたいわ~~~(無理)