gomibako

思想・感情・オタク

日常

29歳11ヶ月30日で死ぬ

今年ももうすぐ終わるけど、今年何したかな・・・。親知らず抜いたことしか覚えてない。 去年あけたボディピアスが安定してきて、時が経つのを実感する。 特に人とも会わず遊びにも行かず、ひたすら寝てひたすら映画を観た一年だった。 とにかく起きているの…

「言語化」の難しさ

哲学の面白いとこは、誰しも一度は考えたことがあるようなシンプルな疑問を徹底的につき詰めて考えるとこなんですよね。だから色々読んでると、あっこれ私も昔考えたなぁ〜ってことがちょいちょいある。えらい哲学者たちも普通な私たちも、基本的なアイディ…

人類滅亡の快楽

遅まきながら「シン・ゴジラ」を観て(アマプラで配信開始した)、エヴァ好きとしては庵野さんさすが〜と思いながらこれを思い出した。 人類の自己疎外の進行は、人類が自分自身の全滅を第一級の美的享楽として体験するほどになっている。これがファシズムが…

無限に広がる大宇宙

www.nicovideo.jp こういう専門外の人でも楽しめる哲学コンテンツは最高~ 私は「ある一分野を深く掘り下げたい」っていうより「面白いものを広く浅く知りたい」タイプなので、たぶん一生何かしらの入門書読んでると思う。だからこういうライトなコンテンツ…

みんなニーチェが好き

愛から為されることは、常に善悪の彼岸に起こる。(「善悪の彼岸」) 善悪の彼岸 (岩波文庫) 作者: ニーチェ,Friedrich Nietzsche,木場深定 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1970/04/16 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 34回 この商品を含むブログ (6…

本 8/3

私は今夏休みなので、冷房の効いた部屋で毎日毎日アホみたいに本を読みまくってます。あと映画も観まくってます。最高~!!その中からいくつか・・・。 これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: マイケルサンデル,Michael J…

未だ何者にもなれない私へ

サブカルクソ女として恥じることない半生を送ってきました。それ以上のものには、未だなれていません。 数年前に大学を辞めたときから、方向感覚を失ったまま生きています。自分が何歳かもちょっとよくわかりません!! 20歳のときメンタルをぶっ壊して大学…